グラップリングフックを手に入れるとゲーム性が変わるテラリア

移動が超楽になるグラップリングフックの作り方

テラリアのSteamレビューではフックが作れるまで辛抱する必要があるといったレビューがありました。そしてそのフックを手に入れたことによってその意味がわかりました。通常であればA、Dキーを操作して右、左へ移動。スペースキーでジャンプして移動するのがテラリアの基本操作です。しかしグラップリングフックを手に入れると移動性が段違いで変わります。もはや別ゲーといっても良いくらいに。

 

簡単に壁を登ることもできてロープが必要でなくなります。

 

このフックがあれば敵から逃げることも容易ですし真下に掘り進めても簡単に地上に戻ることができます。

 

テラリアのフック
このようにカーソルを合わせた位置にフックを投げて引き寄せられます。フックはアイテムによって長さやスピードが変わるようですチマチマ横移動するより数倍も早く移動ができて超便利なアイテムとなります。

 

フックはEキーで出せます。
カーソルを合わせてキーを押すのでAD移動に慣れていると最初は少し操作に慣れないですが15分程度操作していればフックなしではテラリアがプレイできなくなります。

 

テラリアのフック
序盤に作成できるグラップリングフックの最大距離はこの程度になります。引き寄せスピードも通常の徒歩スピードの数倍は速いので本当にゲーム性が変わるアイテム。

 

フックで壁に張り付く
ちなみに引き寄せられた所に張り付きます。もう一度Eキーを押すか、スペースキーを押すまで張り付いた状態になります。なので落ちる心配もありません。張り付いた状態でアイテムの使用や武器の使用もできるので敵が近づいてきても慌てずに対処ができます。

 

さて、私のグラップリングフックを使った冒険記はここまでにしてフックの作り方を解説していきます。

 

まずは探索で鉄鉱石を見つけて「かまど」で鉄鉱石を「鉄インゴット」に加工します。鉄インゴット5個を作成すれば作業台で「鉄の金床」が作成できるようになります。「鉄の金床」は金属製の武器、防具、アイテムを作れる作業台です。

 

鉄の金床では鉄インゴットで鎖のチェーンが作れます。まずはこれを作っておきましょう。フックの材料となります。鉄インゴット1個で10個のチェーンを作成できたと思います。フックには3個のチェーンを持っていればOK!

 

続いてグラップリングフックを作成するためにもう一つの大切な素材となるのが「フック」です。

 

これがスケルトン、ピラニアといった敵がレアアイテムとしてドロップする確率があります。このスケルトン、ピラニアは「Cavern」と呼ばれる地下600フィートあたりからの洞窟に出現をします。ある程度の装備が整ったら地下探索をしてピラニア、スケルトンを見つけたら即座に倒すようにしましょう。運良く「フック」をドロップしたらチェーン、フックをインベントリに保持した状態で「鉄の金床」で作成をするとグラップリングフックが作れるようになっています。

 

フックを探して地下探索をしたのですが中々、スケルトンやピラニアが出現しなくて困りました。私の個人的感想ですが地上が草原地帯の地下部分にある黒いような紫のような岩盤が出てきたらあたりからピラニアがたくさん出るようになったのでそこそこ地下深くまで掘り進める必要があります。ぜひ移動がダルいと思いテラリアをやめようと思っている人はグラップリングフックを手に入れるまで頑張ってみてください。ゲーム性が変わりよりテラリアが楽しくなりますよ!